育児マンガでスタートした当ブログは、ママンの乳がん闘病を乗り越え、現在おてんば娘編に突入。育児・暮らし・乳がん闘病をテーマに時におかしく時に真面目に日々描いてます!
shin_chibiitu_Livedoor_ボタン1shin_chibiitu_Livedoor_ボタン2shin_chibiitu_Livedoor_ボタン3
<▼ちびいつキャラクター紹介▼>
41b53d65

本日は読者様よりメール頂戴しまして
お答えしていきます。
今回のお題は、
術後の幼子の抱っこ問題についてです。
00-1
リンパ郭清(かくせい)とは?
悪性腫瘍のリンパ行性転移に対する処置として
リンパ節を切除する外科的治療法のこと。


リンパ郭清後、無理をすると
リンパ浮腫が癖になりますからね。

ママンも術後5年目にしてようやく浮腫が
落ち着いてきました。

さて、それでは我が家の実行した
2つの抱っこ対策についてお話しますね。
05
この時のお話です↓

06
このように家族の協力で
ママンの抱っこする機会を減らしました。

それでも、どうしてもママンが
アリッサを連れて外出しなければならない時は
抱っこはやめて、子供載せ自転車
軽量のB型ベビーカーを活用していました。

こんなのもあるそうですよ↓
(読者様より教えていただきました)

07
これが一番効果的でした。

当時のお話です↓

08

実は2歳児になると大人の言葉を理解していて、
ちゃんと事情を話せばわかってくれるんです。
我が家は子供にも協力してもらいました。

その代わりに家の中で
抱きしめてあげる機会を増やしました。

09
頑張ってきたからこそ
無理がたたって病を患うのです。

ママンもそうですが、真面目な方ほど
弱みを見せず、甘えるのが下手です。

ママンも以前はこんな人でした↓


これからはもう少し肩の力を抜いて
周りの方々に助けを求めてもいいと思うのです。
そして元気になって恩返ししてあげましょう。

ママンも最近は甘え上手になりましたよw。

こんな我が家の経験が
ご参考になれば幸いです。

つづく200

その他、読者のお便り質問コーナーはこちら↓
0536f951


インスタでは只今闘病記を掲載中↓
ff1a4400