「新ちびといつまでも」 〜ガンガン乳がん闘病記編〜

イラストレーター“柏原昇店”の描く育児4コマ漫画として2009年よりスタート。 家族を白くまのキャラクターに差替え家族の絆をを面白おかしく描いています。現在はママンが経験した乳がんの闘病記を中心に日々更新しています。 この作品をきっかけに乳がんの誤解や偏見を解消できれば幸いです。重いテーマですが、できるだけ明るい描写を心がけています。

タグ:ウィッグ

育児マンガでスタートした当ブログはママンの乳がん(STAGE 3c)をきっかけに闘病記編に突入。楽しい話も織り交ぜながら日々更新してます! 過去記事はLINEマンガ等でも公開中。  ★闘病記編を初めから読む​★品質や使う頻度にもよると思うんですが、ママンに買った2万円程

続きを読む

育児マンガでスタートした当ブログはママンの乳がん(STAGE 3c)をきっかけに闘病記編に突入。楽しい話も織り交ぜながら日々更新してます! 過去記事はLINEマンガ等でも公開中。  ★闘病記編を初めから読む​★ニットをいつもかぶっていたので知らぬ間に織田無道ぐらい毛が伸

続きを読む

次男ムッチは人形系が大嫌いでひな人形や五月人形を怖がります。ウィッグも例外でなく…w。始めてパパンの職業が役に立ちましたとさ。尚、パパンが家事や家電の使い方もままならなかった頃のエピソードは↓家事って大変ウィッグを購入するエピソードは↓ウィッグ講習会 前編

続きを読む

 ウィッグのグレードにもよるのでしょうが、ママンの購入した2万円程度の医療用ウィックはつむじはありますが不自然な造りでした。やはり値段の差は髪質とつむじに出るかと…  一見分からないのですが、信号待ちや満員電車などで長時間見られるとやはりバレてしまいます。

続きを読む

前のお話からどうぞ ママンはこれでウィッグが使えると坊主姿もまんざらでもない様子でした。(と、演じていたんでしょうね…) 子どもたちは驚くと思ったのですが、事前に報告していたためか坊主姿も暖かく迎えてくれました…。 母親の容姿とか子供にとってはそんなのは

続きを読む

前編はコチラ 我が家で夏用に買ったショートカットのウィッグは3000円ぐらいでしたが、案外しっかりしていて一見分からないものでした。 ショートヘアのものは手入れも簡単で一つあると何かと便利でしたよ。 またウィッグをカットして整えてもらうとより自然な感じに仕上

続きを読む

病院でいただいたカタログには医療用ウィッグしか載ってなかったので腰を抜かしましたが、ネットで調べると医療用も手の届く範囲からあるようです。 値段と品質は比例するかも知れませんけど…(汗)。後半へと続く ↓↓クリック宜しくね↓↓末吉日和NEOもヨロシク!  pro

続きを読む

↑このページのトップヘ