育児マンガでスタートした当ブログは、ママンの乳がん闘病を乗り越え、現在おてんば娘編に突入。育児・暮らし・乳がん闘病をテーマに時におかしく時に真面目に日々描いてます!
shin_chibiitu_Livedoor_ボタン1shin_chibiitu_Livedoor_ボタン2shin_chibiitu_Livedoor_ボタン3

今日は乳がんについて真面目なお話。

006

005

先日ワコールのピンクリボン活動
参加させていただいたばかりのパパンですが、

今回ビックリする情報を同じ
乳がん経験者のママ友よりいただきました。

ママンは温存治療を望み、
人工乳房(インプラント)は
使用しなかったので今回は
対象外でしたが、
ママンも人工乳房をすすめられた経験が
あったので、驚きを隠せませんでした。

以前マンガでも描きましたが↓

近年は再発のリスクを避けるため、
早期でも乳房を全摘し、
人工乳房での再建手術をすすめられるのが
一般的になりつつあったので、
国内でも何万人規模で対象者が出るはずです…。

現在、人工乳房が原因で
全世界で33人が「ブレストインプラント
関連未分化大細胞型リンパ腫

(BIA―ALCL)と呼ばれる
特殊なリンパ腫で命を落とし
死者以外にも573人の患者
確認されています。

アラガン社製人工乳房
回収騒ぎとなっている製品は
表面がざらざらした「テクスチャード」
というタイプで
表面がなめらか「スムーズタイプ」
今回、対象外だそうです。

同社は、別タイプの製品を今秋にも
販売するとしていますが、
乳房再建の治療途中の方も含めて
困惑しているそうです。

今回この情報をマンガにすることで
対象者で、まだ知らない方々への啓発へ
つながればと思い筆をとりました。
(参考文献:
朝日新聞1朝日新聞2産経新聞

乳房全摘か?温存か?迷った時のお話↓




絶賛発売中!


btn_add_blogreader
ff1a4400Twitter w150
line-stamp w150
vlog w150
suekichibiyori w150
kbst w150