「新ちびといつまでも」 〜ガンガン乳がん闘病記編〜

イラストレーター“柏原昇店”の描く育児4コマ漫画として2009年よりスタート。 家族を白くまのキャラクターに差替え家族の絆をを面白おかしく描いています。現在はママンが経験した乳がんの闘病記を中心に日々更新しています。 この作品をきっかけに乳がんの誤解や偏見を解消できれば幸いです。重いテーマですが、できるだけ明るい描写を心がけています。

2016年11月

相当しんどかったと思いますがなんとかこのミッションを乗り越えてくれたママン。でも、これで話は終わらなかったのです…。続く前話から読むと話がわかります。闘病中の誤解1↓↓クリック宜しくね↓↓  末吉日和NEOもヨロシク!  produced by 

続きを読む

抗がん剤投与日に商談会が重なるバットタイミング。このエピソードも一波乱ありそうな…。続きますちなみに今回のエピソードの序章的なお話はこちら↓副作用 その後また前回の一波乱はこちら↓インターホン  ↓↓クリック宜しくね↓↓  末吉日和NEOもヨロシク!  produc

続きを読む

闘病中の姿を見てきているし、容姿も全身脱毛していて痛々しいわけででもパパンは闘病中は禁欲で色々あるわけで…あーもーー!って感じでした。この流れで術後もしばらくは気を使うのでなかなか元のような性生活に戻すのは皆さん苦労するところだと思います。ママンの気持ち

続きを読む

実はこの情報、お話に出て来るC先生のブレストクリニックで教えて頂きました。ママンの場合、手術で脇のリンパ節まで切除してしまうので、術後患側の腕を駆血したりして点滴できなくなるわけです。以前も書きましたが患者さんによっては化学療法(抗がん剤)で血管が細く固く

続きを読む

どうやらアリッサには無精髭が原因で嫌がられていたようです。でも最近はパパンの反応が面白いからとわざと言ってるような…wちなみに保育園に通うきっかけになったエピソードは前編・後編合わせてどうぞ↓↓↓↓↓043-1 待機児童問題 前篇他のブログからの読者様への閲覧救

続きを読む

体の抵抗力が落ちているにもかかわらず、久しぶりの自由を手に入れて何故かママンは嬉しそうでした。何度が抗がん剤を打っていると副作用で血管は収縮して固くなります。人によっては収縮しすぎて腕から点滴を打てず、ポート手術する方もいらっしゃるそうです。(ポートとは

続きを読む

 どうも「ちびいつ」作者のパパンこと柏原昇店でございます。アメブロからライブドアに引越して早々、アメブロ版「ちびいつ」をスマホで御覧頂いていた皆さんからリーダーアプリがないので更新が分かりにくい他のユーザーとまとめて更新を確認したいLINE経由での手続きが面

続きを読む

はじめまして!「新・ちびといつまでも」の作者パパンことイラストレーターの柏原昇店と申します。今日からライブドアブログの公式ブロガーとしてお世話になることになりました。宜しくお願いします!“ちびといつ”までも略して「ちびいつ」は アメブロにて2009年より育児4

続きを読む

よく、ドラマのセリフで、「あそこの〇〇さん、こんなに治療が長引くなんて相当悪いのよ。」なんて勘ぐられるシーンが有りますが、本当に抗がん剤の影響で白血球が下がりすぎ治療が進められないだけだったりします。個人差があるので順調な方は最短で25週程で抗癌剤治療(化

続きを読む

前編はコチラ  この事件があった当時、ママンは闘病真っ最中だったので非常に興味深く追っていたのを覚えています。 命をかけてこの問題を訴えた裁判を昨今の大麻所持の事件で風化させたくないなと思い筆を取りました。 ボクは医療従事者ではないので効果については詳し

続きを読む

↑このページのトップヘ